ボイスコラージュ 第3弾

​クリスマスソング・メドレー  

Christmas Song Medley from Sydney
2020年12月21日発表!
Special
シングル・バージョン

2020年10月より制作開始。

今回はシドニー、メルボルン、ブリスベン、ゴールドコースト、セントラルコーストから、お子さんを含め42名で作り上げたクリスマスソング。

皆さんのコスチューム、パフォーマンス、そして笑顔が輝く、とってもハッピーな動画に仕上がりました。

どうぞお楽しみください!

We have created this music video "Christmas Song Medley" for our 3rd project!

So happy to perform together with 42 performers from Sydney, Melbourne, Brisbane, Gold Coast and Central Coast.

Please enjoy our costume, performance and smiles. We wish you a Merry Christmas and a Happy New Year!

【演奏曲】

・「Rudolph the Red-Nosed Reindeer 赤鼻のトナカイ」 Johnny Marks

・「Night of Silence」 Daniel Kantor

・「Silent Night きよしこの夜」作詞 Joseph Mohr, 作曲 Franz Xaver Gruber

・「We Wish You A Merry Christmas」Arthur Warrell

Singers
(ABC順、敬称略)

Akiko Whittaker / Akki / H Mayumi / Hisae Kato / Jimmy Shimizu / Kana, Alice, Lewis / Kayoko, Alex, Hana Minglis / Kimiko Ohashi / Koko-Chan / Kumi & Hana / Kumi Matsuda / Kyoko Iida / Makoto Tanaka / Mari Okita / Mars Kenski / Masahiro Tada / Masahito Yamaguchi / Michie Spain / Mitch / Naoko Murata / Naoko Uchino / SAORIN / Shizuko Takeda / Sumichan / Takayo Someda / Tokiko Matsumoto / Tom KATO / Toshi Matsuo / Yasuhiro Ohashi / Yukari Susuki / Yuri Iacono / とみんご

Musicians 
(ABC順、敬称略)

H Mayumi / Hiromi Takano / Kimiko Ohashi / Makoto Tanaka / Masahiro Tada / Mieko Pfitzner / Miho / Yasuko Pierce / Yuki Reiss

Director/Editor
Hisae Kato
Supporter company
​ご支援いただき、ありがとうございました
(クリックするとWEBページをご覧いただけます)
132582556_3103996089827321_6871419693155
Koko-Chan's 広告.001.jpeg

Editor's Note 

編集後記

Hisae.PNG

Hisae Kato

Director / Editor

「ボイスコラージュ」第3弾は、明るく楽しくクリスマスソング!

今回は全ての曲のアレンジを大橋紀美子さんにお願いし、ソプラノ、アルト、テノール、ベースの4声の、美しいコーラス曲に仕上げていただきました。

また、トナカイなどのイメージ制作は、ボイコラ 表紙の "ひさコンちゃん"(ひさえコンダクター)のイラストを描いてくださった飯田京子さん。メドレー編とシングル編の合わせて4種類のサムネイルも合わせ、可愛らしくてクオリティの高いイラストを描いていただきました。

最強のお二人を制作スタッフに迎え、いつも以上に準備時間をかけた今回の作品。ただし、クリスマス時期に合わせて発表する必要があり、パフォーマーの皆さんには、練習と収録含めてたったの3週間という厳しい制限の中、それぞれが懸命に取り組みました。

​今回はメドレーとはいえ3曲あり、編集には5週間かかりました。(年末で仕事が立て込んでしまったというのもありますが)

いつもながら、バラバラの素材が一つになる瞬間は鳥肌が立つほど感動します。

今回はクリスマス特集ということもあり、参加者のコスチュームも見どころの一つです。赤鼻のトナカイに扮したり、クリスマスカラーに身を包んだり。一段と華やかで笑顔いっぱいの、楽しい動画になりました。

コロナウィルス の流行で、今年は誰にとっても記憶に残る、大変な一年となりました。その一方で、新しい挑戦や出会いの多い特別な一年でもありました。そんな2020年に生まれた「ボイスコラージュ」。

離れていても一緒にできることとして、これからも多くの人に元気と笑顔をお届けしていきたいです。

ボイスコラージュ

​企画・編集 加藤久恵

Trivia 

ボイスコラージュ第3弾のトリビアです!何度も観たくなる!?

IMG_6582.JPG
  • 赤鼻のトナカイに名前があるの知ってました?そして一緒にソリを引く仲間たちにも…。この動画では、日本人には馴染みのないイントロ部分から歌っています。「Dasher(ダッシャ-・突進者)オス」「Dancer(ダンサー・踊り手)メス」「Prancer(プランサー・踊り跳ねる者)メス」「Vixen(ヴィクセン・口やかましい)メス」「Comet(コメット・彗星)オス」「Cupid(キューピッド・恋愛の神)オス」「Donder(ドンダ-・ドイツ語で雷)※ドンナーとも歌います・オス」「Blitzen(ブリッツェン・ドイツ語で稲妻)オス」。オスが5頭、メスが3頭。そして、9頭目の赤鼻のトナカイが「Rudolph(ルドルフ・高名な狼)オス」です。

  • イラストレーターの京子さんに最初トナカイのイラストをいただいた時、ルドルフを除き、オス4頭、メス4頭でした。後からオスが5頭だということが分かり、1番目のトナカイは性転換してオスになりました。登場シーンも、名前と性別に合わせて出しています。

 

  • イントロ部分(You know, Dasher and Dancer and...)は馴染みがなかったため、歌える人だけ歌ってもらいました。「この歌にこんな部分があったなんて!」とは皆さんの感想。

  • このイントロ部分だけで、編集に2日かかりました。なかなか声が揃わず、何度も作り直しました。

 

  • アカペラで始める予定だったのですが、Kayokoさんのご主人・Alexさんのトーンバーがとても良かったので採用。良いアクセントになりました。ここの部分のAlexさんの笑顔も最高!

  • トナカイの着ぐるみを着てタップダンスを軽快に踊るのはYasuko(Yazzy) さん。真夏のシドニーで汗だくだったそうです!

  • コードレスのイヤホンを着けて踊ったトナカイダンスのYazzyさん。ガイド音楽の再生やスマホでの撮影を息子さんにお願いしたそうですが、息子さんには音楽が聞こえていないため、再生のタイミングを合わせるのが大変だったとか。

  • 英語バージョンではトナカイの名前を「ルドルフ」と紹介しているのに、日本語バージョンでは一度も出てきません。なので歌の中では赤鼻のトナカイが「ルドルフ」だということを字幕スーパーで強調しました。

 

  • ルドルフもYazzyさんも、鼻をピカーっと光らせています。あれは「星の瞬き」のフリー動画サイトからダウンロードして重ねました。

  • 編集前に、一応絵コンテは作るのですが、編集しながらほとんど変わってしまいます。服装の色味やアクション、男女比バランスなどを見ながら、映像を揃えたり左右対称にしたりしています。それぞれの画面にこだわりがありますので、その辺りもみてください。

  • ​知る人ぞ知る「ブルゾンひさえwithB」。今年はコロナによる制限やメンバーの体調不良などがあり、3人揃っての撮影が叶いませんでした。そんな3人が、この作品の中で久しぶりに共演を果たしました。

  • 「暗い夜道はピカピカの〜」を、「暗いよ、道は。ピカピカの〜」だと思ってた!という声が参加者からあり、びっくりしました。なるほどねぇー

  • 同じく「暗い夜道はピカピカのー」のパート。ヘッドホン(イヤホン)を着けて聴いてみてください。サンタさんの声が聞こえますよ♪

実際の写真はこちら

Big_tytle_A.png
  • まるでアニメ画像のような大聖堂の映像で始まる、この曲。実際の「セントメアリー大聖堂」(シドニー)の、プロジェクションマッピングの写真から撮りました。企画・編集の加藤久恵が、数年前、この大聖堂の前で歌った時の様子です。息をのむほどの美しさ!!見てください、この写真!!

  • 毎年クリスマス時期に行われる、セントメアリー大聖堂の光のショー「Lights of Christmas」。この動画でどうしても使いたくて、雨の夜、撮影に行ってきました。今年はCOVID-19 の影響で、敷地に入るのにチェックインが必要だったり、混雑を避けるためかクリスマスツリーの位置が変わっていたりといつもと違っていましたが、それでもライトにまとわれた大聖堂は相変わらず美しかったです。

  • ​この動画では「Night of Silence」と「Silent Night」を重ね合わせるという美しい演出でスタート。この演出は当初はなかったのですが、シンガーの一人であるソプラノのNaokoさんが「Silent Nightを英語で歌ったら、Night Of Silenceという曲とコード進行が同じなので、重ねるととても綺麗ですよ。ボイコラ でやってみませんか?」と提案してくださったのでした。聞くとNaokoさんとSumichanさん、そしてオルガン奏者のMihoさんの3人は、Night Of Silenceを教会で歌っているんだとか。急遽、Silent Nightを英語ですぐに歌えるKumiさんとKimikoさんの実力者二人に声をかけ、この美しい重ね合わせバージョンが誕生したのでした。

 

  • Night Of SilenceとSilent Nightを重ねたアレンジは定番のようで、YouTubeでも結構出てきました。が、日本人が作った動画で、しかもリモート合唱というのは世界初ではないでしょうか。

  • イントロの鐘の音は、実はセントメアリー大聖堂の鐘の音ではありません。著作権フリー効果音のサイトに載っていた、どこかの教会の鐘の音です。それを、この曲のテンポとキーに揃えて変換して重ねました。(ここに気付いた人はスゴイ👏)なので、鐘の音からスムーズに曲に入っているわけです。

 

  • 英語の部分は大聖堂の映像と歌詞の内容を合わせてみました。「Holy Infant so tender and mild(救いの神子は)」で神子キリストと聖母マリアの影像を合わせたり、「Sleep in heavenly peace」で、「Peace」という文字が出たところを重ねたり。採用する映像も、一番綺麗な部分を選んだつもりです。(2020年のライティングはハッキリした色の幾何学的な模様が多かったです)

  • ちなみに激しい雨が降っていたので、実際の映像は「ボツボツボツボツ」という雨が傘に当たる音が入っています。でも地面が濡れ、車のライトやツリーのライトが噴水池に反射して、スマホ撮影の割にはなかなか綺麗な映像になりました。

  • 「きよしこの夜」のイントロ部分で、参加者の映像をピカピカと出すシーン。これは人数分だけ映像が重なっていて動作が重くなるので、この部分だけで別の編集画面(プロジェクト)を作っています。この曲だけでも日数かけましたね…。

 

  • 「冬のどなた」ヨン様の雪だるまシーンは知る人ぞ知る名シーン。ご本人いわく、クラフトショップで材料を買ってきて全て手作りなんだそうです。

  • ​本編の3曲メドレーでは、この曲にも鈴の音のリズム音が入っていましたが、シングルバージョンではリズム音は外してあります。厳かな雰囲気がより出たのでは、と思います。雰囲気の違いも感じてみてください。

BIG_LONG_tytle_B.png
  • 最初、メドレーの最後は「ジングルベル」を持って来る予定でしたが、歌詞に「メリークリスマス」と「ハッピーニューイヤー」が出てくるので、「We Wish You A Merry Christmas」を選びました。

  • ​この曲を知っていても「Good tiding we bring to you and your kin」の部分を知らなかった人が多かったようです。テンポも早く、早口言葉のようなこの歌を参加者の皆さんは何度も歌って練習して臨んでくれました。息継ぎが特に大変だったとか。

 

  • この曲の冒頭で、素晴らしい笑顔とキレのあるダンスを見せてくれているYukiさんは、メルボルン在住のズンバエクササイズのインストラクター。日本ではテーマパークのダンサーだったそうです。さすが!

  • 途中に、「First Noel」のメロディーも聴こえてきます。ここは、コーラスを生かしたものとカットしたものの2種類を作り、編集中に何度も聴き比べました。リコーダーだけになるのもメリハリができて良かったのですが、この部分のハーモニーもとても綺麗だったので、結局、コーラス付きのバージョンが採用となりました。

  • リコーダーでハモリパートを演奏してくださったYasukoさん。トナカイタップダンサーと同一人物だって分かりました?

  • ちなみにリコーダーのハモリパート。楽譜を書けない私(ひさコン)が「このように弾いてください」と歌った「ファミファー、ミファファミー、ファソラーソーファーミー」の音声を聴いて、あのように素晴らしい演奏を奏でてくださいました。

  • 楽譜といえば、今回はアレンジャーの紀美子さんが3曲とも楽譜を作ってくれ、さらにはハモリパートのガイド伴奏を全て歌ってくださいました。素晴らしい!!

  • ラストの「We Wish You A Merry Christmas, and a Happy New Year--!!」の部分。最初のプランでは続けて歌うつもりで、ガイド伴奏も繋げて作っていました。が、あの部分のタイミングを合わせるのが難しく、「And A」が歌えていなかったりズレていたりで、皆さん苦労されていました。さらには編集中に「ここはラストの盛り上がりだから、もう少しタメが欲しいな」と、プラン変更。あの部分にサンタの鈴の音(フリー効果音サイトから取りました)とアニメ映像(これは有料だったので買いました)を挟み、最後の盛り上がりを作りました。

  • この曲では皆さんが歌っている背景にアニメ映像をふんだんに使いました。これも著作権フリーのクリスマス関連動画です。バックにアニメを使ったり、トナカイの可愛いイラストを使ったりと、今回はビジュアルにこだわりました。

スクリーンショット 2020-12-29 午後9.24.40.png
  • 前回の「故郷〜カントリーロード」では楽器隊の動画を作ったのですが、今回は楽器隊をエンドロールで紹介することにし、さらに、ノーカット編のトナカイダンス、そしてメイキングやNGシーンを盛り込むことにしました。

 

  • 韓流スターに扮して熱演したAkkiさん。ノーカット映像では「暑い!」と叫びながら、ウィッグを脱ぎ取っていたのでした。しかし、ご本人に「メイキング集で使わせてもらっていいですか?」と尋ねてみたところ、「頼むからそれだけはやめてください!!!!(泣)」と懇願。確かに、ウィッグを取った直後の髪型は悲惨かも…。この動画が広く拡散されることを考慮して、ここはカットしました。

 

  • クリエイティブなKyokoさん。前回の「カントリーロード」では、ロングヘアのウィッグを扇風機の風になびかせながら、車のハンドルを握っていた方です。Kyokoさんが、動画のおまけにメイキング動画をつけてくださってなかったら、このエンドロールメイキング集はなかったかも!

  • Marsさんの双子バージョン、なんと映像だけでなく声も男声と女声の2種類で参加されています。音域の広さにビックリ。ちなみに星型のスティックは「クロマキー処理」を施したそうです。​

  • 今回はクリスマス特集というのもあって、皆さんのコスチュームやパフォーマンスのアイデア、どれも工夫が凝らされていて見ごたえたっぷりでした。そして何より、笑顔が本当に素敵でした。

  • 編集作業は確かに大変でした。が、完成して皆さんに楽しんでいただいているのを見ると、作ってよかったと心から思います!

皆さん、本当にありがとうございました。

Comments 

ボイコラパフォーマーの皆さんに撮影後の感想を伺ってみました

  • 今回初めて参加させてもらいました。自分が歌ってるのを自分で収録するのも初めてで、何度も取り直し。でもクリスマスメドレーなので、楽しく歌わせてもらいました。ありがとうございます。(A / Brisbane)

  • 今回は初めて打楽器もやらせて頂きました。皆さんの歌にちょっとでもテイストが加わったら嬉しいです。歌も賛美歌を歌う機会はないので、楽しかったです。そして、いつも出来上がりが予想以上なので、今回も楽しみです。(M / Sydney)

  • 緊張しましたがなんとか録画完了、出来上がりが楽しみです!(H / Sydney)

  • 写った自分の顔がコワイ!!(J / Sydney)

  • 今回も楽しく子供達と参加させていただきました。ありがとうございました。(K / Sydney)

  • 音楽を作るのは大好きなのでまた楽しませていただきました。ありがとうございます。 (K / Central Coast)​

  • 燃え尽きましたー! (笑) 今回はクリスマス衣装選びも楽しかったです! (K / Sydney)

  • 赤鼻のトナカイは、よく子供の頃に歌ったので楽しくできました。 (K / Sydney)

  • クリスマスの曲なので楽しく歌えました。(K / Sydney)

  • コロナも幸い、かなり安全になってきた最近のオーストラリア、世間よりいち早くクリスマスムード体験! 今回は3曲。3倍大変だったけど、3倍以上楽しめました。歌の練習、どんな風に表現しようかな、とアイデアをひねったり、演出効果になる物探し、カメラテスト、アップロードなど新鮮な体験だらけ。 学ぶこといっぱい。 久々にクリスマスコスプレするチャンス!子供心に戻れました。この7ヶ月でボイコラなんと 3回参加させていただきました!実際お会いしてないのに顔見知り(?)のお友達もいっぱい。おかげで 毎回ワクワクできて大感謝です!(K / Sydney)

  • 毎回楽しく参加させていただいています。クリスマスソングは歌い慣れている曲にも関わらず、赤鼻のトナカイの最初の英語の歌詞が難しかったり、動画録画は毎回緊張しますが、終わると参加してよかったと心から思います。 (M / Melbourne)

  • 赤鼻の出だしが難しかったです。(M / Sydney)

  • 準備・練習動画、僕も送れば良かったかも!他の人のを観てるだけでも十分楽しいけどね。(M / Sydney)

  • 今回初参加しました。お陰様で楽しく歌えました。ありがとうございます。 (M / Sydney)

  • 楽しい動画の一役を担うことができて嬉しいです。(M / Gold Coast)

  • 録画は初めてで緊張して大変でした。(M / Sydney)

  • キャロルが歌いたかったのでとても満足しました!(M / Sydney)

  • クリスマスキャロルに参加できて 一段と楽しく幸せなクリスマスになりそうです素敵な企画ありがとうございました❗️動画を撮りながら歌うのは、本当に難しいと改めてかんじましたが、それがまた楽しくてやりました!これが1人だけど1人ではない。ひとりでもできることがあるって嬉しい😃(N / Sydney)

  • 難しかった、すごーく難しかったです。でも前より笑顔になれたと思います。(N / Sydney)

  • 初めてのハモリパートが楽しかったです。ハモリの楽しさに目覚めました!(S / Sydney)

  • ハーモニーが指定されているのが効率良いし、美しいと思います。(S / Sydney)

  • 楽しかったです。でも忙しくて最後の4日間でやってしまったので、本当に「しまった!」もっと早くからやればよかったと大後悔...。(S / Sydney)

  • 今年を振り返りながら楽しく歌うことができました。一年の締めくくりにふさわしい思い出がまた一つ増えました。ありがとうございました。(T / Merboulne)

  • とにかく楽しいの一言です!(T / Sydney) 

  • 上手くは歌えませんが楽しかったです。ありがとうございます。(T / Sydney)

  • クリスマスおなじみの曲ですが、こんな素敵なオープニングがあったのか~と初めて知ったので英語部分の歌詞を覚えるのが少し大変でしたが、新鮮で楽しかったです!シンプルなメロディと思いきや息継ぎが大変だったりと、実際歌ってみると思ったようにいかず、なかなか難易度が高かったですが、とても楽しかったです!いつも歌詞が良くわからずハミングしていたクリスマスソングも、改めてじっくり歌ってみるとこんな歌詞だったのか~と発見も!これからはより楽しくちゃんと歌えそうです♪(T / Sydney)

  • IT音痴の小職でも平易なご説明で、なんとか共有リンクが作成できて良かったです。(T / Sydney)

  • 今、合唱団で歌の練習ができません。そんな中でしっかりと練習してリハーサルもし、真剣に楽しく歌えました。楽しい企画ありがとうございました。(M / Sydney)

  • ベースのハモリは難しかったですが、今回も参加できて良かったです。今までのボイコラで一番盛り上がりそうなので、でき上がるのが楽しみです。(Y / Sydney)

  • 思っていたのより、なかなか難しかったです。コードのないイヤホンを耳につけて自分には音楽が聞こえているようにして、それに合わせて踊っているのですが、その音楽をスタートさせてもらったり、ビデオを撮る人には音楽が聞こえてないから、何秒からビデオを開始させるのかとか、チームワークが必要でした。(Y / Sydney)

  • 3回目の参加です!歌の練習不足な点な否めませんが、とってもスムーズに撮影できました!やはり慣れてきました(笑)クリスマスソングは大好きなので、参加できてよかったです!(Y / Melbourne)

  • 何十人も関わるコラージュ。しかも一人一人への対応も素晴らしく良くされてるなーと感心です。出来上がりが楽しみです。(Y / Melbourne)

  • 3曲共、クリスマスといえばという有名な曲ですが、曲のノリが全然違うと改めて感じました。静粛な曲からノリノリな曲まで、一足先にクリスマス気分が味わえました。🎄いつも感覚で歌っていたのですが、歌詞を見て、英語部分や漢字部分にこういう意味だったのかと改めて知りました。完成がとても楽しみです。いつも素敵な企画を立てて下さり、そして素晴らしい機会をいただき、ありがとうございます。(Y / Brisbane)

  • 娘と一緒に歌えて良い思い出になりました。(K/ Sydney)

スクリーンショット 2020-12-30 午後0.31.43
スクリーンショット 2020-12-30 午後0.32.54
スクリーンショット 2020-12-30 午後0.34.28
スクリーンショット 2020-12-30 午後0.34.55
スクリーンショット 2020-12-30 午後0.35.24
スクリーンショット 2020-12-30 午後0.35.50
スクリーンショット 2020-12-30 午後0.36.19
スクリーンショット 2020-12-30 午後0.36.45

© 2020 by Voice Collage created by Plus Voice Creation